早期発見が大事

早期発見が大事

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

どこで最後を迎えるか

早期発見が大事
人は自分の死を考えたくないものです。
まして、自分の死ぬ日を決めることは出来ないでしょう。
それでも死と向き合う時に多くの人が自宅で看取られたいと考えます。
しかし、意外に難しいようです。
なぜでしょうか。
例えば、ホームに入ったとします。
しかし、最後に様態が悪くなった時に、ホームで亡くなったら処理が大変です。
人が死ぬということは簡単な事ではありません。
責任問題が出てきます。
それで、ホームは厄介な問題を病院に押し付けるのです。
病院としても治療をしないわけにはいかないので、たくさん管をつけて、無理やり栄養を送り込んで、寿命を延ばします。
しかし、それは本来患者さんが望んでいたものではありません。
しかし、様々な人の利益や責任逃れなどによってそのようになってしまうのです。
普通であれば、自分がいつ死ぬかはわかりません。
しかし、ガンになり余命宣告を受けた場合は違います。
あと、半年の命と言われたら自分の死に向き合う必要が生じます。
それはつらい事であり、勇気が求められます。
がん治療はつらいものです。
しかし、治らないとわかった場合にどうするかも決めなければなりません。
最後をなるべく痛みを感じなく、家族に看取られたいという人のために緩和ケアというものがあります。
残りの命をつらい思いをせずに生きるために助けるのです。
がん治療に対する考え方の変化があると思います。
医療の現場も変化が激しいと思います。
その中で自分に合った最後を考える必要もいずれ生じることでしょう。

話題の医療、便利なココがお勧め☆

Copyright (C)2017早期発見が大事.All rights reserved.